AMO’S closet by Kyoko Kame

2017 AUTUMN

スタイリスト亀恭子さんと贈る
アウター×ランジェリーの
最新トレンドファッション

PICK UP

  • 0101
  • 0201
  • 0301
  • 0401
  • 0501

STYLING

01

01

  • facebook
  • twitter
  • line

仲良しの友達と久しぶりに
お買い物できて大満足な1日。

この秋のファー使いはデザイン性が高く、存在感があるものに注目。サッと羽織れるロング丈コートはファーアクセントで動きにも表情がプラスされてアクティブな印象に。キャラクタープリントTシャツでよりカジュアル感もアップ!

イエローコート / ELENDEEK、ニット / ブランドニュース<Sea New York>、パンツ / CLANE DESIGN<CLANE>、靴 / HAUNT代官山(ゲストリスト)<デヴィントボーシェル>、その他 私物

グレーコート / UN3D.、パンツ / ゲストリスト<アッパーハイツ>、バッグ / バロックジャパンリミテッド<アズール BY マウジー>、その他 私物

POINT

今秋のトレンドで注目すべき「ファー」を取り入れることで、キャッチーでアクティブなスタイルに。1日中動き回っても、このブラならすぐれた安定性で背中もスッキリ、シルエットをキープしてくれます。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

谷間ふっくら、背中すっきり。Newパターンでさらに安定性にすぐれ、360度パーフェクトシルエットをキープします。

02

02

  • facebook
  • twitter
  • line

今日は私の誕生日
お気に入りの一着で彼とデート
どこに連れて行ってくれるのかな。

「おしゃれして来て」と言う彼のリクエストに応えて一番お気に入りのフラワープリントのワンピースをチョイス。でも女らしさを前面に出し過ぎないように、レザージャケットを合わせてちょっぴりクールに。

ワンピース / CLANE DESIGN<CLANE>、ジャケット / ゲストリスト<アッパーハイツ>、その他 私物

POINT

ヴィンテージ風のフラワープリントが大人の女性らしさを演出。ハードに見えがちなレザージャケットもグレーをセレクトすれば、ちょっぴりスパイスが効いてワンピースと絶妙なマッチング!ナチュラルな丸みが出るブラはフェミニンなシフォン素材にも好相性。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

ボリュームアップするのにラクちんで、バストにフィットする夢のような着けごこち。コスメのようにお肌を美しく魅せる4色展開。

03

03

  • facebook
  • twitter
  • line

夏の暑さもようやく落ち着いて
行きたかった美術館へ。

華やかなレースボリュームスカートを主役にしたこなれモノトーンスタイル。シックな中にイエローのさし色をポイントにして、アートシーンにも馴染むモダンなドレスアップスタイルで気分も上がる。

スカート / フィルム<ソブ>その他私物

POINT

バストポイントを内側に寄せたブラは脇もすっきりするので、シンプルなデザインのトップスがシャープに着こなせて、見え方もよりモダンになる。ボリュームスカートに負けないボディラインが魅力的に。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

大ぶりのスカラップが印象的なシリーズ。フラットなレースでアウターにひびきにくい。
Dressならではの設計を取り入れた、洋服の着こなしまで計算されたランジェリー。

04

04

  • facebook
  • twitter
  • line

サッカー好きな彼に誘われて、
今日は観戦デート。
動きやすさ重視だからローゲージニットで参戦!

ニットキャップやチェックストール、ちょっぴりストリートなリュック…。トレンド小物をカジュアルに取り入れてスポーツ気分を盛り上げる。ざっくりとしたローゲージニットは存在感のあるビジューでモテ感もプラス!

ニット / TOMORROWLAND<MACPHEE>ストール / TOMORROWLAND<TOMORROWLAND>、パンツ / フィルム<ダブルスタンダードクロージング>その他 私物

POINT

ローゲージニットのようにボディラインがぼけるアイテムこそ寄せる効果のあるブラでナチュラルなバストラインを作って、健康的なイメージに。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

フラワープリントとアイラッシュレースがクールな印象を与えるシリーズ。Dressならではの設計を取り入れた、洋服の着こなしまで計算されたランジェリー。

05

05

  • facebook
  • twitter
  • line

ハロウィンパーティーにウキウキ!
コスプレ気分で
普段の私より華やかに。

エレガントなスカートの表情に映えるニットは身体にフィット。女子が集まる会にこそ、積極的なカラー使いやプリントものの投入で思いっきりHAPPYな装いを。いつもより冒険して〝盛る〟ことでパーティー気分も加速!

右、白ニット / maglie par ef-deパープルスカート / UN3D. バッグ / TOMORROWLAND<MARIA LA ROSA>、その他 私物 左、花柄スカート / H&Mその他 私物

POINT

柔らかなニットはフィット感があるので、ひびかないブラを選んで。バストの高さをきちんと出すことで、より女らしくラッフルスカートの華やかさとの相乗効果が。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

希少価値の高いリバーレースを使用したリュクスなシリーズ。Dressならではの設計を取り入れた、洋服の着こなしまで計算されたランジェリー。

滑らかなサテン素材を使用したロングキャミソール。胸元にリバーレースを配したシンプルなデザインは、アウターライクな着こなしにもおすすめ。

INTERVIEW

カラーの豊富さはいつになくとても華やかで
ブリティッシュなテイストが新鮮です。

―今シーズンのトレンドで注目していることを教えてください。今年の秋冬は、いつになくカラーが豊富で楽しみですね。マスタードイエロー、フォレストグリーン、ピンクの濃淡とか…。バリエーションがあってとても華やかで楽しいという印象です。テイスト的には、展示会を見ているとブリティッシュ推しのブランドがとっても多くて。代表的なのはチェックのパンツやトレンチコート、英国紳士っぽいアイテムが新鮮です。

―亀さん自身が欲しいなぁと思うトレンドアイテムはなんですか?チェックのアイテムはお仕事で既に素敵なものをかなりたくさん見ていて…。自分だったらどんなタイプをどう取り入れるか絶賛悩み中です。あとは、今年ファーの小物も多いですよね。ファーのサンダルしかり、スーパーマーケットの袋の形のバッグとか、三角牛乳パックの形のエコファーバッグとか、アクセントになって遊び心もあるファーの小物は欲しいなぁと思っています。

洋服によって身体の見せ方、バストラインの見せ方を
考えながらブラを選ぶことで意識が変わります。

―どんなランジェリーが好きですか?多分スタイリストという仕事をしているのもあるのですが、お洋服を楽しみたいがゆえにランジェリーに対してはデザイン性よりも機能性のほうを重視しちゃいます。アウターにひびかないシンプルなもの、もしくは例えば背中が大きく開いている洋服のときに、背中のお肉がちゃんと前にグーッと押されてくるような、締めつけないけどきれいに収めてくれるもの。あとはガードル好きで。特にパンツを穿くときにはヒップのプリッとした形や、きれいに高さも出したいので必ず穿くようになりました。穿き慣れないときは窮屈だったけれど、逆に今は穿かないと不安定なので必須アイテムです。

―亀さんにとってランジェリーのこだわりはどんなところですか?最近リブニットをよく着るんですが、結構身体のボリュームが出ますよね。バストの高さもですが、脇の周りの部分をコンシャスにというよりむしろすっきり見えるように気をつけたり、シャツを着るときも、最近のシャツはピタッと着るというより、デコルテ部分はボタンを開けて少しふわっと空気感が漂うサイズ感なので、逆にツンとカッコよく尖がったバストをイメージします。そうやって身体の見せ方、バストラインの見せ方も考えてランジェリーを選ぶことで、自分の意識が高くなり同じ洋服を着ていても見た目はもちろん気分も違いますね。

STYLIST | 亀恭子半歩先のリアルクローズを提案するスタイリングで、20~30代女性から圧倒的支持を集める人気スタイリスト。ファッション誌のスタイリングから広告・テレビの仕事、商品プロデュース、さらには講演会やマスメディアの出演、スタイルブック出版など幅広い分野で活躍し、ポテトとジンジャーエールのブランド【BROOKLYN RIBBON FRIES】のファウンダーとしても活動中。

BACK NUMBER