AMO’S closet by Kyoko Kame

2017 WINTER

スタイリスト亀恭子さんと贈る
アウター×ランジェリーの
最新トレンドファッション

PICK UP

  • 0101
  • 0201
  • 0301
  • 0401
  • 0501

STYLING

01

01

  • facebook
  • twitter
  • line

大学時代のサークルのみんなと同期会
今日は学生気分に戻って。

リブニットのフィット感とデコルテや肩ラインの肌見せで、ちょっぴり大人っぽい雰囲気を意識。ボトムには注目のマスタードイエローのパンツで冬にも華やかさをプラス。ファー使いのカゴバッグが今年っぽいアクセント。

ホワイトニット / UN3D.、ワイドパンツ / ELENDEEK、バッグ / ドレステリア<エバゴス>、その他 スタイリスト私物

POINT

デザイントップスには、バストの広がりを抑えしっかり寄せるブラが好相性。シェイプ効果と最強の谷間で女性らしさを演出します。マスタードイエローや遊び心がある小物でグッと目をひく〝通〟な人に。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

※画像のショーツはストリング

ストリング

¥1,500+税

バストの広がりを抑え、しっかり寄せてくれるから最強の谷間を作ってくれる。シックなバラ柄プリントと繊細なレースのコンビネーションが華やか。

02

02

  • facebook
  • twitter
  • line

ジャケットスタイルで急な出張にも対応しつつ、自分らしさも忘れずに。

カジュアルに見えがちなボーダーカットソーも、ジャケットをプラスすることでビジネスシーンにも対応。トップスもパンツもリラックス感があるのできちんと感をキープしつつ自分らしくいられる。バンダナ使いでカラーのアクセントも投入。

ネイビージャケット ボーダーカットソー / TOMORROWLAND<MACPHEE>、ブルーパンツ / FUN Inc.<THE IRON>、その他 スタイリスト私物

POINT

ボリュームアップしながらバストに優しくフィットするから、カットソーがきれいに着こなせるブラ。しかも楽な着けごこちなので長時間の移動にもGOOD。ジャケットできちんと感を出しつつ、控えめなカラーミックスで心地よく華やかさを演出。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

※画像のショーツはストリング

ストリング

¥1,800+税

ぷにぷにな触感のパッドが大好評の、AMO’S STYLE by Triumph人気No.1ブラジャー。バストに優しくフィットしながらボリュームアップもできるのが嬉しい。飛行機など長時間の移動でも楽にいられる夢のような着けごこち。

03

03

  • facebook
  • twitter
  • line

親友とちょっと早めのクリスマス女子会
今年のドレスコードはカラードレス!

プリントドレスやカラードレスで華やかさをプラスすることでクリスマスパーティーの楽しさも倍増!今夜だけはちょっぴりおすまししてレディな気分も満喫。プリントドレスに積極的にトライして、クリスマスムードを盛り上げて。

ワンピースすべてスタイリスト私物

POINT

(左)谷間ふっくらナチュラルなバストの高さは、ワンピースのシルエットも美しく際立たせてくれる。1枚でサマになる〝1枚サマワンピ”です。
(右)深く開いた胸元を美しく自然に見せてくれるのは、フルカップ風のブラと胸元のフリルの相乗効果。動くたびにひらりと揺れる表情が華やかな雰囲気に。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

イギリスのテキスタイルデザイナー「セリア・バートウェル」とのコラボレーションランジェリー。カップはチャーミングラマーのベースパターンを使用し、ふっくらしたバストを演出してくれる。とろみ素材のドレスも美しいシルエットで着こなせるのが魅力。

フルカップのデザインにセリア・バートウェルのテキスタイルから抜粋したアップリケを配置して、ロマンティックでフェミニンな雰囲気に。
フルカップ風のデザインがふっくらとナチュラルなバストを作り、胸元が開いたドレスもフェミニンに着こなせます。

04

04

  • facebook
  • twitter
  • line

彼と過ごす初めてのクリスマス
特別な1日だから
シックなワンピースで。

レース使いやファー、グログランリボンなど異素材のミックスがゴージャスに映る、ブラックワンピース。すらりと伸びた腕だけの露出感で上品なイメージに。

ワンピース / essence of ANAYI、バッグ / TOMORROWLAND<MAISON BOINET>、その他 スタイリスト私物

POINT

大人なリトルブラックワンピース。繊細でかつ艶やかなレースディテールがディナーシーンを品良く華やかに。そんなワンピースにはアンダーバストまでたっぷりレースを配した特別感のあるブラでトータルコーディネート。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

※画像のショーツはストリング

ストリング

¥2,000+税

アンダーバストまで優雅にレースを施し、スペシャル感のあるエレガントなランジェリー。谷間を深く魅せる華奢なデザインと、繊細なアイラッシュレースがデコルテの美しさを一段と引き立たせてくれる。

軽やかなシフォン素材を使用した、独特のフレアシルエットが華やかなミニスリップ。
バックはスリットにサテンテープでレースアップした大胆でセクシーなデザイン。

05

05

  • facebook
  • twitter
  • line

1年を締めくくる仕事納めの今日は
チームのみんなとスペシャルディナーへ

ふんわりした袖のブラウスや女性らしい表情のフレアスカートで柔らかい雰囲気に。いつもの仕事と気分を切り替えて、優しいカラーと素材はスペシャルディナーにピッタリ!

ピンクコート / FUN Inc.<THE IRON>、ブラウス / アナトリエ、その他 スタイリスト私物

POINT

ふんわりしたブラウスも、背中をすっきり見せ、バストの高さが出るブラならきれいに着こなせます。モーヴピンクのグラデーションで、愛らしくやわらかで華のある女性に。

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

チャーミングラマー
ブラ&ショーツセット

¥3,990+税~

背中や脇をすっきりと見せて、脇寄せ効果でふっくら谷間も作ってくれるブラジャー。ラメ糸を使ったクリスマスローズモチーフのレースは、女性らしく繊細で華やかな雰囲気を演出。アクセントのラインストーンが輝きます。

RECOMMEND

この商品もおすすめ!

POINT

とびっきり寒い日にも今シーズン注目のローゲージで、ざっくり襟元が開いた肩出しニットでおしゃれしたい。
そんなスタイルにもオフショルダーのインナーがあれば、見た目とはうらはら暖かく過ごせちゃう!

CHECK

このスタイリングに合わせたのは?

オフショルダータイプの7分袖インナーは、襟あきの広いアウターや肩だしスタイルでも、徹底的に見せない!
贅沢にあしらったアイラッシュ風のレースがおしゃれなデザイン。また、制電性のある糸を使用しているので、パチパチとした嫌な静電気を軽減してくれます。

INTERVIEW

今までとは違い、存在感とデザイン性の高いニットが
今シーズンの真骨頂

―冬のアイテムも出揃い、改めてこの冬のトレンドで気になるアイテムを教えてください今年はニットのバリエーションがとても増えました。2,3年前までは冬のニットってふわふわしているモヘアなどが前に出ていたと思うんです。でも今年は、「Recommend」で着ているような凄く太いローゲージとか、デザイン的にもオフショルダーやボタンレスのカーディガンなど、編地がとても太くて存在感があり個性的です。
今までのニットが、可愛い、甘い、ニュアンシーだとしたら、今年は「DAY1」のように袖コンシャスなど単体で存在感があって、かなりアップデートされて新鮮です。

寒くなってきたからこそ、エコファーなど
冬らしい素材感やカラー使いを意識します

―この冬自分で着たいなと思うアイテムを教えてください秋の始まりにはどんなものをどう取り入れるか、絶賛悩み中でした。だんだん気温が低くなってきたので、冬らしい素材感を意識しますね。今年本当に多く見る、エコファーのアウターや、ニットスカートが着たい気分です。エコファーは環境も考えられているし、着たときに軽いのが何よりも良いです。

―今シーズン亀さんが取り入れたいカラーは?普段着ているものはベーシックなカラーが中心ですが、「DAY1」のマスタードイエローや「DAY5」のモーブピンクのように、今年は本当に秋冬とは思えないくらい、いつになくカラーが豊富ですよね。カラーだけが前に出るのではなく、コーディネートしたときにシックなアクセントになるので秋にボルドーのベロアパンツを購入しました。お洋服の他にリップにもボルドーを取り入れて、さし色的な役割として投入します。

冬は洋服へのひびきを気にしなくていい
ランジェリーに遊びをもてる唯一の季節です

―冬ならではのランジェリーの選び方はありますか?洋服の見え方、それを一番に考えているので、どうしてもランジェリーの選び方は「アウターにひびかないこと!」に重きを置いています。ただ冬だけは洋服にひびく、ひびかないをあんまり気にしなくてよいので、レースのアイテムなども着けられる唯一嬉しい季節です。普段の私は、基本心地よくて健康的な見た目のボーイズレングス型がメインで、ヘルシーを大事にしつつ、セクシーとは言えないまでもランジェリーを気にかけることも忘れません。ランジェリーを買い替えるときもベージュばかりでなく、白でちょっとデザインのものなど、いつもと違う気分を楽しめるのも冬ならではです。

STYLIST | 亀恭子半歩先のリアルクローズを提案するスタイリングで、20~30代女性から圧倒的支持を集める人気スタイリスト。ファッション誌のスタイリングから広告・テレビの仕事、商品プロデュース、さらには講演会やマスメディアの出演、スタイルブック出版など幅広い分野で活躍し、ポテトとジンジャーエールのブランド【BROOKLYN RIBBON FRIES】のファウンダーとしても活動中。

BACK NUMBER